JOURNAL日々のこと

まちやど桑名宿 > 日々のこと > 民泊の宿「川口町8」について

宿のこと 2019年04月13日

民泊の宿「川口町8」について

「川口町8」の予約受付を開始いたしました。
桑名宿の象徴である「七里の渡し跡・一の鳥居」の目の前、旧東海道に面した宿。
ここはかつて東海道の旅人が旅の疲れを癒す宿がたち並んでいた場所です。
まちやど桑名宿の記念すべき第一号の宿にはうってつけ。

近所には、柿安、歌行燈、日の出、フナツヤなどの高級料亭や老舗飲食店がありますが、住宅の方が多く非常に静かなエリアです。
桑名市の中心部から少しはなれていますので、スーパーやコンビニまで徒歩10~15分程かかります。
駅前のホテルと比較すると多少不便かもしれませんが、旅の疲れを癒す場所としては静かで最適なところです。

近所には地元の方々が利用するこじんまりとした銭湯があります。
風呂上り、ちょっと遠回りして一の鳥居や三之丸公園、揖斐川沿いの遊歩道をブラブラ散歩するのもお勧めです。

多度大社、ナガシマスパーランド、なばなの里など、桑名への旅行の際、ぜひ宿泊地としてご利用ください。
みなさまのご利用をお待ち申し上げます。

よく読まれている記事

旅をつくる、輪をつなぐ。

COMPANY運営会社

READ MORE